眼鏡婦人のLet it goな日々

眼鏡婦人のLet it goな日々

イライラ予防に試行錯誤する35歳・主婦のブログ

おむつはテープ式のほうが便利!

日本では、動き回るようになったらパンツ式のおむつに切り替えるのがメジャーですが、アメリカではテープ式が主力で、パンツ式もテープ式がそのまま立体的になっているようなデザインのものでした。

たしかに、動き始めた子供にテープ式のおむつをはかせるのは難しいそうに見えますが、コツをつかめばパンツ式よりずっと簡単だと私は思っています。

パンツ式の方が、嫌がられたときに簡単に足を抜いて脱いじゃいません?動き回る子供におむつを履かせるのはどちらにしても難しいものだと思います。

それなのにパンツ式への切り替えを勧めるのは、企業の陰謀ではないかとさえ思います。

 おむつは、サイズとタイプに関係なく同じ値段ですが、枚数が変わってきます。

Sサイズ   テープ82枚/パンツ62枚

Mサイズ   テープ64枚/パンツ58枚

Lサイズ  テープ54枚/パンツ44枚

ビック   テープ42枚/パンツ38枚 ※テープはグーンのみの扱い

結構違いますよね?

私がテープ式にこだわるのは、単にケチるだけでなく、実際おむつ替えが楽という理由が大きいです。

パンツ式は脱がせるときは横を破ればいいですが、履かせるときはズボンまで脱がないといけないですよね。場合によっては靴もです!

テープ式ならズボンを半分おろしてササっと変えれば手間が少なくて済みます。

動き回る時期は大変ですが、つかまり立ちができるようになったら、立ったままおむつ替えをする習慣をつければ、そのあとずーっと楽になりますよ。

私は10秒以内におむつ替えできます。出かける間際、玄関先でもおむつ替え楽々です。

 

 もう一つ大事なことは、同じサイズ表記でも、テープ式のほうがパンツ式より大きめに作られています。吸水量もテープ式のほうが多い気がします。そのため、サイズアップも少なくて済み経済的です。

アメリカではほぼパンパースしか使っていませんでしたが、帰国後かなりの種類のおむつを試しました。これはどこのメーカーでも同じです。

 

 テープ式の唯一の難点は、トイトレの時にいちいちつけて外すのが面倒くさいということ。しかしこれも、トイトレ途中ですでに催していた場合はおむつ替えが必要なので、おむつを交換する手間を考えるとトイトレ初中期まではテープ式に軍配が上がります。

トイトレ完成期(ほぼ漏らさない時期)にはパンツ式がいいと思いますが、おむつは基本テープ式で十分というのが私の結論です。

 

ただ、男の子の夜のおむつに関してはオヤスミマンが最強だと思っているので、また事情が変わってきます。それについては、また別の機会に。。。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ