眼鏡婦人のLet it goな日々

眼鏡婦人のLet it goな日々

イライラ予防に試行錯誤する35歳・主婦のブログ

お古やフリマ購入は要注意!2007年木製トーマスリコールの話

質の良いおもちゃだからこそ、古いものが受け継がれて遊ばれている危険

うちにはたくさんの木製トーマスがあります。アメリカから本帰国前に中古を大量購入してきたのです。

ネットニュースで知れてよかった。

今月、2020年9月5日にグーグルのおすすめ記事の中にこれを見つけてびっくりしました。リコール自体は2007年の発表でしたが、当時そんな事件があったということは全然知りませんでした。

とりあえず手持ちの該当する商品をチェック。すると・・・

ジェームスとトード、うちにある…とびっくり。長男2歳、次男0歳からいまも遊んでいるおもちゃで、鉛中毒がどんなものだかも分からずとにかく調べてみたところ怖くなりました。

報告書は、鉛が子どもの脳に回復不可能な害を引き起こす強力な神経毒であることを指摘しています。子どもの脳が完全に発達する前に脳に損傷を与えるため、特に5歳未満の赤ちゃんや子どもに破壊的な影響を及ぼし、その後の生涯における神経学的、認知的、身体的な障がいを引き起こします。

子どもの鉛曝露はまた、精神衛生や行動の問題、犯罪や暴力の増加にもつながっています。報告書によると、年齢が上の子どもは、腎臓への障害や心血管疾患のリスクの高まりを含む深刻な影響に苦しむといいます。

ユニセフ鉛汚染 子ども3人にひとりが中毒に ユニセフとピュアアースによる新報告書 より引用

該当するものがある場合、すぐに捨てるか、回収窓口に着払いで発送するようにとあり、すぐ該当するジェームスとトードの2台を隔離。

同じキャラクターだからと言って必ずしも該当するわけではない。

2007年時点のニュースの重大性も分からないし、とりあえずネット記事をググってみました。でも、日本のはあんまりないので、拙いながらも英語で検索。

木製トーマスシリーズは結構値段の高い商品なので、衝撃が大きかった模様。ついでに、リコールの詳細を米国消費者製品安全委員会のHPで確認。

RC2 Corp. Recalls Various Thomas & Friends™ Wooden Railway Toys Due to Lead Poisoning Hazard | CPSC.gov

f:id:Nasumash:20200922153112j:plain

写真を見たら、日本サイトに載っていたジェームスとトード以外にも、左下のミュージカルカブースという貨車も該当するようで焦りました。

でも、下の方をよくよく見てみると、表の上に ”Toys marked with codes containing "WJ" or "AZ" are not included in this recall.”とあり、我が家の製品は、ミュージカルカブースだけでなく、ジェームスも該当しないことが分かり一安心。

この2つは特に子供が良く遊んでいたので本当に焦りました。

f:id:Nasumash:20200922153459j:plain

トードだけ回収窓口に発送

・・・という訳で残念ながら該当したトードだけ回収窓口のソニー・クリエイティブプロダクツ RC2係に送りました。

そして入手した経緯、健康面への心配、リコール内容の詳細を質問する内容の手紙を添えました。

f:id:Nasumash:20200922160542p:plain

※リコールサイトより引用 

トーマス木製レールシリーズ 商品の回収に関するお詫びとお願い

ソニー・クリエイティブプロダクツからの返信 

月曜日着で送り、待つこと1週間、文書とトードの代替品とトーマスのハンドタオル2枚が送られてきました。写真も貼りますが、見えにくいので文字におこしておきます。

文書は、質問に回答する形で、

1.健康被害について

回答:対象品位使用されている「塗料」自体はごく微量で、また、販売開始以降現在に至るまで、健康被害の報告も受けていおりません。

2.代替品について

 良品にて好感させていただいております。

3.リコールの詳細

新聞などにより2007年6月15日、2007年9月27日の2回、自主回収のご案内をさせていただいております。また店頭、テレビなどでも告知させていただきました。詳細について、弊社にて掲載しております回収に関するページを印刷して同封させていただきましたのでご参照くださいますようお願いいたします。

f:id:Nasumash:20200922072643j:image

とありました。3.についてはHPで書いてあるよりも細かいことを。。と思ってましたが、健康被害の心配は内容ならもういいかと納得しました。

 ③で印刷されたのはこちらのページ  ↓

トーマス木製レールシリーズ 商品の回収に関するお詫びとお願い

これからも気を付けて

我が家の場合、craigs list というアメリカ版ジモティのようなサイトで、アメリカから帰国間際の2017年に3人男兄弟の家庭から購入しました。

リコール自体は2007年なので、元の持ち主の家庭で、ジェームスとミュージカルカブースは無事に交換されたのかなと推測しますが、追加でリコール発表となったトードはそのままでした。

買ったけれどすぐに遊ばなくなった家庭で使われていた場合など、リコールのニュースにも気づかないことがあるかもしれません。

長持ちして人気のあるおもちゃだからこそ、中古で買う場合は要注意。私も今後おもちゃを中古で買う場合、リコール情報をちゃんと確認しようかと思います。

今回は本当に嫌なドキドキを味わいました。

 やっぱり木製(磁石連結)シリーズはおすすめ

でも木製トーマスシリーズは、磁石で連結するので小さい子供にも扱いやすく、子供も私もとても気に入っています。最近はお古でもらったり、誕生日の度に少し買い足したプラレール中心に遊んでますが、電車デビューに木製シリーズはおすすめです。

トーマスに興味がない子でも、モクトレインという会社で日本の新幹線や在来線の電車がありますよ。

 

by カエレバ

 

by カエレバ

◆関連記事

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ