眼鏡婦人のLet it goな日々

眼鏡婦人のLet it goな日々

イライラ予防に試行錯誤する35歳・主婦のブログ

夏の足元に悩む ビルケンVSダンスコ、ミサトっ子、イパネマ、ペディキュアも・・・

夏はやっぱりサンダル

なかなか梅雨明けませんね。ジメジメむしむし、辛いです。

ビルケンはやっぱりいい♡

さて、私はGWからサンダルを解禁しほぼ毎日サンダルで過ごしています。普通のビーチサンダルでは鼻緒の部分が痛くて履けないで、一時期ビーチサンダルをいろいろ試していた時期があったのですが、3年前にビルケンのEVAに落ち着きました。

これは、足が痛くならず本当に履きやすいです。私の場合、鼻緒の部分が足につかずに履けるのです。

2,580円とか安いお店は在庫がかなり限定されています。合うサイズが合えばお買い得!在庫がそろっている店はやや高め。

ビルケン大好きで、よく履いているのですが、子供と遊ぶようになってからは普通のビルケンだと、水に弱くて履けません。EVAだと泥で汚れたらそのまま足ごと洗い流せてとても便利です。もう毎日こればっかり。

でも、同じサンダルばかりだと足の甲に日焼けの跡がくっきり出るんです。そこでもう2-3、サンダルを買って履きまわすことを検討中。

 

私のビルケンコレクション。ってほどの数でもないですが…

f:id:Nasumash:20200731051426j:image

1.室内履きスリッパ (Amsterdamアムステルダム

2.EVAビーチサンダル (Gizeh ギゼ)

3.真冬以外のオールシーズン(Paris パリ 廃番)

4.冬以外のスリーシーズン (Messina メッシーナ

初めてのビルケンは4と同じ形のもので、あまりに履きつぶしたので処分しました。

1・3・4に共通して言えることですが、サイドのかぶせの部分の接着が剥がれてくるんです。処分したものは一度、ソールの交換をしてもらったのですが、その時に無料で横の部分をつけなおしてもらったのですが、またしばらくして剥がれました。

アムステルダム・4メッシーナは素足で履くことも多いので、皮の部分がテカって黒くなってしまってます。1の室内履きは、素足で履いても足の裏が黒くなったりはしませんが、4は砂ぼこりもあるのか、素足で履いて帰宅すると風呂場に直行です。

ダンスコについてもちょっと語ると…

一時期、DANSKO(ダンスコ)にハマったときもあるのですが、ダンスコは立ち仕事の人のための靴で、歩き回るには向いていません。あと、運転の時もやめた方がいいかも。かかとが擦れやすいのも残念。

底が厚いし、オイルレザーのものはレインシューズとしては最適です。旅行にもいい!と思って持って行ったりしましたが、旅行の時は相当歩き回る私、結局足が痛くなって最後は手放してきました。

一時期は夢中で、ビルケンよりもダンスコ!と思っていました

本社がアメリカの時に住んでいた場所から車でわずか25分のところにあり、何度か併設のアウトレットショップにも行きました。

Dansko Company Store - Hours & Location | Dansko® Official Site

しかし最終的に、ちょこちょこ歩き・走り回るタイプの私にはダメでした。

ビルケンとダンスコのサイズ感

ビルケンは38を履いていますが、ダンスコは37がぴったりでした。38だと足の甲がゆるくてフィットしなかったためです。でも、あまり歩かなかったらそれでよかったのですが、37だとたくさん歩くと足の爪が痛くなった記憶があります。

ビルケンも4.メッシーナと同じタイプを、ヨーロッパなら安いか?と旅行先のボローニャで、37サイズで買いました。でも、しばらく歩いてみたらかかとがつま先が当たる感じがして、買ってすぐ30分程、外歩きをしたのですが、お店に戻って38と交換してもらいました。日本だったら交換してもらえなかっただろうからラッキーでした。

 

ダンスコは、37だと歩くには小さいし、38だと甲がゆるくて歩けないし、結局私の足には合わなかったって言うことですね。とっても素敵な靴で便利だと思うので、足が合う方にはおすすめします!

DANSKOを日本で流行らせた荒井さんすごい!!と思います。↓インタビュー記事

【 dansko / ダンスコ 】のナリタチカタチ | ナチュラル服や雑貨のファッション通販サイト ナチュラン

彼女のインスタを見ていると、素敵でまた欲しい!!と思うのですが、コンバースとダンスコはいくら素敵でも私の足にはダメなのです…ほんとに残念です。

幼稚園指定のミサトっ子

ここにきて、私も買おうかなと思っているのが長男の幼稚園指定のミサトっ子という草履。ビルケンコレクションに紛れている5・6です。デザインはイマイチなのですが、イグサで足の裏がさらっとして気持ち良さそうなのと、その健康効果。

足の指や裏の筋肉を鍛えて足の形や姿勢を改善

草履を履いて歩く時は、無意識のうちに足の指や裏を使います。草履で歩き続けていれば、足の指や裏の筋肉がどんどん鍛えられます。

足の指が鍛えられると、浮指(足の指が浮いた状態)が改善されます。指の形も整い、足の見た目もきれいになっていきます。

土踏まずがなくのっぺりとした「偏平足」だと、体を支えるための重心が安定しません。結果として、姿勢が悪くなってしまいます。

草履を履いて歩いていると、土踏まずが形成されていきます。同時に体の重心のバランスも改善されるので、自然と姿勢も良くなります。

足の指や裏の筋肉を鍛え、形を整えるのも足のお手入れ方法の1つです。草履を履いて、自然な形の足を目指しましょう。

 ※ミサトっ子HPより 

https://komilemisatokko.jp/column/health-beauty/foot_care-sandals/

夏時期だけ、足の爪が泥で汚れて、隙間に入り込んだり見苦しいのでペディキュアをしています。でもペディキュアの先っぽがすぐにはがれてしまうのです。

昨年は赤いペディキュアを愛用していましたが、床に赤い痕跡がいくつも見られ、足を引きずるように歩いているせいなのか?と確信しました。

今年は床が汚れても目立たないように、ブラウンやグリーン系にしてますが、歩き方、このままにしてはいけないという危機感もありました。

ミサトっ子のサンダルは足の指や裏の筋肉を鍛えるというので、引きずって歩くのも改善されないかな?と期待しています。

幼稚園でまとめ買いしてくれるので、1,300円で買えるのでお買い得です。でも履いていく場所を相当選びます…笑

 

ビルケンも足矯正・医学的観点から生まれたもの。EVAのマドリッドを履いたら、ペラペラで履きづらそうと思ったけれど、マドリッドビルケンの元祖。

試しに中古でコルク版を買ってみてもいいかな?ともブログを書きながら思いました。ミサトっ子の前にマドリッドを試すべきか…

イパネマもおしゃれでよい

子持ちがサンダルを選ぶうえで、完全に水没してもいいというのは重要条件。

ミサトっ子もビルケンマドリッド(通常版)も水濡れはご法度。子供はミサトっ子を濡らして、毎回乾かしてますが…

そこで急浮上してきたのがこちら。イパネマというブラジルのブランド。

先日ワコール3Dを体験しに西銀座デパートに行ったとき、B1の水着屋さんで見かけたのがこれ。一緒にいた友達もまさにその日履いており、読者登録しているおしゃれなブロガーid:cestmavie さんもそういえばおすすめしていたのを思い出しました。

友達に履かせてもらって結構歩いたんですが、なかなか良かったです。これまた楽天では安いとサイズがないので、売れ残り品でいいのが見つかったらお買い得。

足のケアも忘れずに

ところで、今年サンダルを履き始めた時に愕然としたのは、自分のかかとがひび割れガサガサだったこと。最近またお手入れを忘れてましたが、少しこすって、ワセリンで保湿、寝るときに保湿用のかかと靴下を履くようにしたら1週間くらいで割ときれいになりました。

やわらゲルかかと衝撃吸収サポーター

やわらゲルかかと衝撃吸収サポーター

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

足を丸ごと浸して角質を取る薬も昔試したのですが、頑丈な私の皮膚にはイマイチでした。本当はサンダルばかりはかず、適度に靴下と靴を履いて夏も保湿した方が美しく保てるのでしょうか、ランニングの時以外靴履いてません。。

ペディキュア問題

あまりに頻繁にペディキュアが剥げてくるので、ペディキュアはつけ爪かシールにしようかと検討中。

ネットでベースコートとしてボンドを使うと、剥がしやすくなるという裏技を知って、ボンドだけ購入するもまだやってません。 

どっちが楽かなー?とりあえずシールから試してみます。

結論

とりあえず、夏のサンダルは日焼け跡を予防するために、3足くらいで履きまわす。本当は日焼け止めをちゃんと塗る習慣をつけたらそれで済むのかもしれませんが、どう考えても、ズボラな私には厳しいです。

1.ビルケンEVAギゼ、2.ビルケン通常版マドリッド 3.イパネマ として、2.3をサイズ確認後、ペディキュアシールと合わせて早急に購入し、8月9月を乗り切ります。

来月で35歳。私の中で35歳と言えば田中律子さんだったのですが、もはや自分がその年になるとは感慨深いです。ちなみに彼女は既に49歳になられてました。

子供が2人とも小学生になって一緒に遊ぶ頻度が減るまで、5-9月は濡れてもいいサンダル中心のローテーションになりそうです。

 

眼鏡婦人のLet it goな日々 - にほんブログ村

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ